All Posts in the ‘未分類’ Category

色々と推理することは楽しい

| By deadrisingsun.com in 未分類 | コメントは受け付けていません。

推理小説やアニメなどは楽しく想像力をかきたててくれます。
自分が主人公のようになって謎を解くような感覚になります。
シャーロックホームズのように探偵物が人気な理由はわかります。自分が探偵になって数々の事件を解決していけます。
アニメや推理ゲームが絶対の人気があるように希望と夢を与えてくれます。
思考能力を高めてくれるので頭の体操にも良いことは間違いありません。
推理は大人から子供まで楽しめます。
想像力を高めてくれます。

 

サスペンスドラマが好きです

テレビでよくサスペンス劇場が放送されていますが、あれは大変見ごたえがあります。
その内容は、犯人を推定して展開されていく様々なシーンがとてもスリルがあって面白いのです。
自分も犯人を最初に特定していても思わぬところで、場面が変わり以外な人がその犯人だったとわかっていく過程を見るのも楽しいのです。 ほとんどのサスペンス劇場は2時間くらいで放送されています。
その間は、トイレにも行けないほど目が離せないのです。

 

読み切り漫画の楽しさ

漫画には、大人向けや子供向け、そして恋愛ものや戦闘など、たくさんのジャンルがあります。
その中でも、サスペンスの魅力というのは、非日常的で、スリルがあり、どのジャンルよりも次回が楽しみになる分野です。
特に漫画では、週刊や月刊になるので、発売日が非常に待ちどおしくなってきます。しかし一方で、どうなるのかが気になり過ぎて、落ち着かないのも事実です。その点、読み切りのサスペンスの場合は、少ないページの中にも、物語が凝縮されているので、読み終わったあと、かなりの満足感があります。連載ものも、刺激感が続いて良いのですが、読み切りならではの、楽しさがあります。

ストーリーに隠された秘密

| By deadrisingsun.com in 未分類 | コメントは受け付けていません。

漫画において推理ものというのは、有る意味小説などで読むよりずっと簡単です。何故なら、漫画では描かれている絵の中に必ずヒントがあるためです。これが小説の場合ですとストーリーを追いながら行間を読むという想像力、記憶力がないと最後に真実が暴かれても意味が分からない事があります。現実に推理をする必要があります。しかし漫画ではページに描かれていないものは存在しないということですから、推理初心者でも安心して読むことができるのです。

 

サスペンスマンガの実写化

現在マンガは、小説同様にTV化の原作として、大変多く採用されています。アクションや恋愛ドラマなど以外にも、サスペンスの分野においても数多く原作として活用されています。シリーズ化されたものもあります。
マンガの実写化は難しいといわれていますが、読者がよりリアリティを求めているの伴い、マンガがより現実的な話として書かれていることが多くなりました。
日本のマンガは、多種多様性を持っています。子供だけでなく、大人も楽しめる娯楽となっています。

 

サスペンスの楽しみ方

様々なジャンルがありそれを個々の感覚で楽しむことができる昨今では、サスペンスなどの複雑な内容のものは特に人気が高く、多くの人々から興味を持たれています。推理をするだけではなく、主人公及びその人を取り巻く環境や、人間関係などを考えながら楽しむことができるのもサスペンスの醍醐味でもあります。そして、心情を考えながら推理をしたり、実際には起こりえないような展開などをも楽しめるのがサスペンスの魅力でもあります。

読み切り小説について

| By deadrisingsun.com in 未分類 | コメントは受け付けていません。

読み切り小説は短編ものが多くありますが、奥の深いサスペンスも多くなっており人気を集めています。
このジャンルは一気に読み進めたいと考える方も多いため、長編小説では時間を多くとられてしまうことが心配な方は敬遠しがちです。
ですが短編の読み切り小説は、空いた時間を有効に活用できるため、気軽に楽しめると人気を集めるようになっています。
短編で奥の深いサスペンスはとても濃厚で急展開が多いので、その世界に入り込んで楽しむことができます。

 

読み切り漫画の楽しみ方

連載する漫画は次回を読むのが楽しみですが、読み切り漫画は一度読んだらおしまいで物足りなさを感じることもあります。
ですが、その反面、サスペンスやホラーのようなジャンルだと、緊迫したシーンが多くて苦手だなと思う人もいるため、読み切り形態にすることでさっぱりと悪い後味を残さずに読むことができるというメリットがあります。
サスペンスやホラーが苦手な方でも、読み切りであれば読んでみようと思わせることができるのです。

ネット書籍が便利です

 

携帯電話で読むことが出来るネット書籍がたいへん便利です。携帯電話は毎日、持ち歩くものですから忘れる事が少ないですし、電車に乗っている時や1人でカフェでお茶をしている時など、ヒマな時間に読書をする事が出来ます。サスペンスなどでも読み切りの短いものがありますので、ちょっとした空き時間に読むことが出来、暇潰しにもってこいです。さまざまなジャンルの書籍が入っていますから好みのものを見つけて空き時間に読書をしてみてはいかがでしょうか。

サスペンスの魅力について

| By deadrisingsun.com in 未分類 | コメントは受け付けていません。

サスペンスの魅力に関しては、人それぞれ感じ取り方は異なりますが、自分なりにいろいろな事を推理していく点を好む人が多いです。また、主人公をはじめとする登場人物の気持を考えるのも醍醐味と言えます。さらには、過去のことや人間関係や隠れた趣味なども考えるとおもしろいものです。多くのひとは、推理だけではなく、そのような全体像から楽しみ、より深く追及して堪能しています。サスペンスは、実際にはなさそうな話程いいという人も多いです。

短時間で結末がわかる

スリリングな漫画や小説、読んでいるだけで「そわそわする気持ち抑えられない、早く結末が知りたい」長編サスペンスだと続きが気になってしまうけれど、短編なら結末を見て納得できるのです。
最後がどうなったか知ることで、夜もグッスリ眠ることも次の日には別な短編集を購入してまた読もうという気持ちになれます。
読み切り漫画や小説に人気が集中するのは、結末がわかりやすくなっているから、そして主人公になりきり想像力を高められるからなのです。

推理漫画の魅力と特徴

推理漫画とは漫画に於ける種類の一つで、ミステリー漫画とかサスペンス漫画とか探偵漫画とも呼ばれています。元々は推理小説のコミカライズから始まったこのジャンルは、張り巡らされた伏線と論理的解決を目指して推理する面白さが多くの読者を魅了しています。現在では少年漫画に於いても小説と変わらないクオリティでの本格的な内容が多くなっています。小説では状況を細かく文字で描写しなければならないのに対し、漫画では絵によって自然に描写できるのです。

推理小説をモチーフにした漫画

| By deadrisingsun.com in 未分類 | コメントは受け付けていません。

数ある漫画の中でも推理小説をモチーフにした漫画は特に人気が高いです。その理由としては、活字だけで理解されにくい事象を、漫画として描かれることによってイメージ化されやすく、漫画の登場人物になりきった形で読み進めることが出来るからです。

推理小説では難しい説明だと何度も読み返しての理解をする必要があるのですが、漫画なら絵に描かれることで見た目で理解することが出来ます。そのため、大人から子供まで幅広い年代層の方にも推理小説をモチーフにした漫画は読まれています。

 

読み切りの魅力について

読み切り小説はとても魅力的となっており、短時間での急展開が好きな方には特におすすめです。
少ない時間でも楽しむことができるため、通勤通学の時間でも楽しむことができるので、このような読み切り小説を選ぶ方はとても多くなっています。
最近はサスペンスでも短編小説が多くなっており、電子書籍などで簡単に読めるようになっています。
自分の好みの小説を選んでいくこともできるので、このような読み切りサイズの小説はとてもおすすめです。

 

あの推理漫画のボスについて

日本にはたくさんの推理漫画がありますが、その中でもヒットを続けている漫画といえば、「名探偵コナン」です。黒の組織に薬を飲まされて、子供の体にされてしまった高校生という設定はたくさんの人に浸透しています。
最近では、その黒の組織のボスは誰なのかが話題になっています。作者の青山氏によると、もうその人物は登場しているとのこと事です。阿笠博士説や同じ小学校に通う光彦説など、読者による様々な見解がネットでも話題になっています。
誰がボスなのかは、作者の青山氏のみが把握している訳ですが、それが誰かを推理する読者のディスカッションも見どころな漫画です。

面白い探偵ドラマ

| By deadrisingsun.com in 未分類 | コメントは受け付けていません。

ドラマの職業ものと言えば医者か探偵(警察)ですが、ストーリーが面白いものと言えば「SHERLOCK」です。イギリスBBC制作で、1シーズン3作、英国ではシーズン3まで公開されていて、日本でも5月の下旬にシーズン3が放送されます。
有名な探偵のシャーロック・ホームズが現代になったら、という話でとびぬけた推理力はそのまま、事件は原作を髣髴とさせますが現代的です。変人ながらも魅力的な推理の天才シャーロックと凡人のワトソンの友情を軸にアイリーン・アドラーやモリアーティーとの関係も描くスピーディーなストーリー展開が魅力です。
推理漫画についての記事

たくさんの人に愛され約20年連載を続けている名探偵コナンですが、今の被害者に比べると、初期の被害者は殺され方も残酷で、特に第1話は読者の反応によってどこまで描写できるか見極めるためか、死体の描写がかなり過激です。
また、コナンと双璧を成す人気推理漫画の金田一少年の事件簿の豆知識ですが、実写版のネタを原作に逆輸入することも多く、ドラマ第1シリーズ主演の堂本剛の楽曲、および所属グループの楽曲を漫画版で歌うシーンがあったり、漢字こそ違うものの、松本潤というキャラを登場させたりとしている。

ストーリーを読むこと

推理小説はストーリー展開が面白くなければ、途中で飽きてしまうことがあります。
また好みもあります。
いくら評価が良い作品であっても、面白いと感じることが出来ないという人もいるのです。

自分で展開を予想することも面白いですし、大切なこととなるのです。
小説は自分である程度の予想をするということも大切です。
考えながら読み進めていくということもしなければいけません。
何も考えずに読むというのは、推理小説向けではないのです。