推理小説をモチーフにした漫画

| By deadrisingsun.com in 未分類

数ある漫画の中でも推理小説をモチーフにした漫画は特に人気が高いです。その理由としては、活字だけで理解されにくい事象を、漫画として描かれることによってイメージ化されやすく、漫画の登場人物になりきった形で読み進めることが出来るからです。

推理小説では難しい説明だと何度も読み返しての理解をする必要があるのですが、漫画なら絵に描かれることで見た目で理解することが出来ます。そのため、大人から子供まで幅広い年代層の方にも推理小説をモチーフにした漫画は読まれています。

 

読み切りの魅力について

読み切り小説はとても魅力的となっており、短時間での急展開が好きな方には特におすすめです。
少ない時間でも楽しむことができるため、通勤通学の時間でも楽しむことができるので、このような読み切り小説を選ぶ方はとても多くなっています。
最近はサスペンスでも短編小説が多くなっており、電子書籍などで簡単に読めるようになっています。
自分の好みの小説を選んでいくこともできるので、このような読み切りサイズの小説はとてもおすすめです。

 

あの推理漫画のボスについて

日本にはたくさんの推理漫画がありますが、その中でもヒットを続けている漫画といえば、「名探偵コナン」です。黒の組織に薬を飲まされて、子供の体にされてしまった高校生という設定はたくさんの人に浸透しています。
最近では、その黒の組織のボスは誰なのかが話題になっています。作者の青山氏によると、もうその人物は登場しているとのこと事です。阿笠博士説や同じ小学校に通う光彦説など、読者による様々な見解がネットでも話題になっています。
誰がボスなのかは、作者の青山氏のみが把握している訳ですが、それが誰かを推理する読者のディスカッションも見どころな漫画です。

Comments are closed.